音の懸け橋|三重県ピアノ調律師のブログ
楽器店を経営する調律師のブログです。ピアノのあれこれUPしたいと思っています。ホームページも見て下さい~。http://www.asahigakki.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センターピン抜け

ピアノの調子が悪いと言う事で、近所の方ですので朝の早い時間に伺いした。
症状は、一音だけ弾くと変な音がするとの事でした。早速中を見てみると、ハンマーがぶるぶる震えて動いていました。これは、センターピンと言う関節の役割をする部品が抜けて不安定になり、そういった症状になります。この状態で弾いていると、センターピンの周りのフェルト等を痛めてしまい、症状が悪化します。今回は、すぐに伺う事ができたので、軽症で済みました。以前に一度だけ、名古屋のお客さんで、ご主人がこの症状を見つけ、無理やり押し戻した例を思い出します。そこまで出来るご主人は大したものですが、入れるときにフェルトを押し出すような形になり・・・・な状態になってしまったこともあります(笑)私も生憎、この部分のフェルトを持ち合わせていなかったので、急遽使わない高音部と部品を取り替えて、次回の調律の時に治すようになっています。やはり、ご自分ではなされない方が得策かと・・・その、ご主人には厳重注意をしておきました(笑)
センターピン抜けは主に、過乾燥が原因です。床暖房の方は結構多い故障です。床暖房でなくても、寒がりの人の所も結構なりやすいので、冬場は適度な過湿をお勧めします。湿度は60%±10%と覚えておきましょう。30%台が続くのも避けましょう。40%以下はインフルインザも大好きな湿度になってきますので、注意してくださいね(^^♪


2012121301.jpg
スポンサーサイト

テーマ:ピアノの調律 - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

ピアノ音職人440

Author:ピアノ音職人440
ほのぼの調律師のブログです。日常のピアノの出来事など書いていくつもりです。ピアノに関する質問などあれば、答えられる範囲でお答えしますよ~(*^_^*)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。