音の懸け橋|三重県ピアノ調律師のブログ
楽器店を経営する調律師のブログです。ピアノのあれこれUPしたいと思っています。ホームページも見て下さい~。http://www.asahigakki.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四日市市ボストングランド調律

本日は、四日市市でボストンGP178のグランドピアノ調律です。初めてご依頼頂いたお客様です。昨年まできちんとメンテナンスもしていた方みたいです。・・・・が・・・ピアノの状態があまりにも無残でした(-_-;)弾かれているのは、中2の子供さんで、ブラスバンド部で活躍しているみたいです。音楽大好きなようで、嬉しいですね。

IMG_1150.jpg

早速調律に取り掛かる前に、色々とチェック!ピアノの音色は、お部屋に合っていて、大きなお部屋で物があまり置いていないので、わんわんと音が響きすぎるような状態ですが、そのお部屋にこのボストンの音色はうまい具合にマッチしていました。お母様から聞くと、子供さん曰く、タッチが重いようです。それもそのはず、アクションの整調、めちゃくちゃでした・・・(ーー;)打弦距離(弦からハンマー先端までの距離)が40mm程度・・・これは、ありえません。通常は47mmで、調整して良い範囲はせいぜい±1mm程度(条件あり)でしょう。揃っているならまだしも?、ばらばらもいいところです。はじめてみました、こんな状態・・・それでもお客様は、現状を把握出来ません。
当然、言い出したらきりがないほど調整が必要で、奥様にご相談・・・たぶんアクション整調だけで、半日~1日かかる事を報告。しかし、あまり費用もかけたくないとの事で、調律の範囲内でなんとかする事に・・・ふう~。こういう時難しいのは、顔を合わせて間もないと言う事で、私とお客さんとのコミュニケーションが十分でないため、こちらからもあまりくどくど必要性が言えないということ・・・調律代と別途に2~3万円かかると言われれば、誰でも本と?ってなるますもんね(;O;)と言うことで、効率的に整調する工程を考えながら調律に取りかかりました。
調律後、30分程度で最低限な箇所の整調に取り掛かりましたが、やはりその程度の時間では、中途半端の中途半端・・・結局1時間以上かかり、不十分ながらもなんとか?・・・終了にしました。

IMG_1155.jpg

グランドピアノでしっかり弾いていただくには、それなりのメンテナンスが必要です。その辺は、ご理解いただいている方が大半でしょうが、調律だけしかしない技術者に当たってしまうとこのような状態になってしまいますので、皆さんも難しいかもしれませんが信頼のおける調律師にお願いすることをお勧めします。今回も県内ではそれなりにお名前をお見かけする方でした。残念で悲しくなります。調律師のする仕事は誰でも同じではありません。グランドピアノならなおさら差が出ます。せっかくメンテナンスをしているのですから、きちんと見てもらわないもったいないです。

IMG_1151.jpg
スポンサーサイト

テーマ:ピアノの調律 - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

ピアノ音職人440

Author:ピアノ音職人440
ほのぼの調律師のブログです。日常のピアノの出来事など書いていくつもりです。ピアノに関する質問などあれば、答えられる範囲でお答えしますよ~(*^_^*)

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。