音の懸け橋|三重県ピアノ調律師のブログ
楽器店を経営する調律師のブログです。ピアノのあれこれUPしたいと思っています。ホームページも見て下さい~。http://www.asahigakki.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コルグ消音ユニット取り付け 津市

本日は、津市のお客様宅でピアノ消音ユニット(ハイブリット)の取り付け作業です。ピアノはスタインバッハというピアノで、この業界では、結構お見かけするピアノです。アザーブランド(ヤマハ、カワイ以外のメーカーをこのように言います)の中ではしっかり作られているピアノです。午前中に調律を済ませ、午後からもう一人調律師と合流して、二人がかりで取り付けします。(ちなみに、二人とも正規の認定技術者です)
私どもでは、主にコルグ製のユニットを使用します。海外製の安い消音ユニットやヤマハ純正後付ユニット等々ありますが、値段や性能などトータルバランスに優れているコルグの製品を使います。ただ、基本的にヤマハ基準に設計されているため、ヤマハ以外では少々加工が必要になります。しかも、アザーブランドとなれば、その場その場の現物合わせの作業になります。

まずは、鍵盤を外します

IMG_0664_300.jpg

アクションを下して、鍵盤下部にセンサーを設置する担当と、アクションに消音バーを取り付ける担当とに分かれて取り掛かります。

IMG_0667_300.jpg

消音バーの長さが2種類(ヤマハのピアノで3型(131cm)のピアノと1型(121cm)ピアノ)あるため、両方のユニットを持参しました。このピアノは、131cmため3型のものかと思ったら・・・長すぎます・・・1型のバーがぴったりです・・・・2種類持参して良かった~(^。^)y-.。o○

IMG_0668_300.jpg


そして、中音から低音にかけてのアクションの間に既存の部品からL型アングルという部品に取り換えるのですが、なんだか変わった部品が付いていて、外すのに苦労し交換も不可ということに・・・さっそく、現物合わせです・・(^0_0^)

IMG_0671_300.jpg

幸い、センターレールが木製(今はアルミ製のものが多数)でしたので、ドリルで穴を開け鉄製の出っ張りをやすりで削ってなんとか装着OKです。その他細かいトラブルはありましたが、なんとかアクション部に消音ストッパーの取り付けできました。

IMG_0677_300.jpg

もう一人は、鍵盤の下にセンサーを取り付ける作業です。この機種から、透過型のセンサーから反射型のセンサー構造になり、センサーの検出の制度が格段に良くなりました。完全な非接触ですし変な誤動作もなくなり、非常に進化したと思います。

IMG_0674_300.jpg

センサーが完了したら、メインユニットをピアノの棚板下部に取り付けます。

IMG_0681_300.jpg

ペダルのセンサーです。これも、押し上げてONしたり、押し下げてONしたり設定でき、取り付けの自由度が増しました

IMG_0680_300.jpg

右のボックスが消音バーを動かすためのレバーです。このレバーを引いたり戻したりしたら、アクションに取り付けた消音バーが動きます。
左がスイッチを入れたり、ボリュームをするボックスです。ヘットホンは2本まで同時に装着可能です。メインユニットが別になっているため、非常にコンパクトですっきりします。


IMG_0679_300.jpg

1鍵1鍵キャリブレーション作業(センサーの初期設定)をして、動作確認です。
これで作業は終了です。今日は大体4時間程度でしょうか。ヤマハのもので2~3時間ですので、結構かかりました。

IMG_0682_300.jpg

これで、部活で遅くなって帰ってきても、存分に練習してもらえます。発表会も近いみたいですので、今日から追い込みだ~(^^♪
スポンサーサイト

テーマ:ピアノの調律 - ジャンル:音楽

プロフィール

ピアノ音職人440

Author:ピアノ音職人440
ほのぼの調律師のブログです。日常のピアノの出来事など書いていくつもりです。ピアノに関する質問などあれば、答えられる範囲でお答えしますよ~(*^_^*)

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。